bodybox福岡 ボディボックス

営業:10時~22時
(受付:21時まで)
2014.01.27

ファスティング復食期について

投稿者 : bodybox 太田

3日間のファスティングが終わり、今日から復食期です。

ファスティング明け最初のご飯はお粥です。

なんとお粥の美味しい事か…

ボクシングで計量をパスした後の水分や食事とはまた違い、食の有り難みをしみじみと感じます。

味覚もリセットされています。

ファスティングで一番大切なのが、この復食期なんです!

ファスティング後の回復食の美味しさは言葉にできないほどです。

体内に固形物が入ってこなかった期間に味覚も嗅覚も研ぎ澄まされ、全身全霊で、目の前にある食事を楽しみ、感謝をしながら頂くことができます。

一口ずつ噛み締める中で感じる、食事を頂けることに対しての感謝の気持ち。

作ってくれた方の苦労……。

そんな中で、改めて食に対しての意識が変わることだと思います。

ボクシングの減量明けの事を思いだしますね!

そして、意識が変われば食べるものが変わってきます。

戦後を生きた日本人がそうであったように、一度飢餓状態を体験した人は、決して食べ物を粗末にすることはありません。

過食への罪悪感もとりわけ強いことでしょう。

飽食の限りをつくし、体にも脳にも大きなダメージを与えていた人も、ファスティングを行うことで、こういった意識がガラリと変わります。

心身に与えるファスティングの効果はいうまでもありませんが、自分の生き方をもう一度原点から見直すきかけになるという点も、ファスティングを実施する意味として見逃せませんね。

次回は具体的なファスティング明けの復食期間の過ごし方をご説明いたします。

http://ameblo.jp/bodybox/entry-11757563755.html

ページトップへ